施工実績


海老名市東柏ケ谷 T・S様|屋根塗装

海老名市東柏ケ谷 T・S様|屋根塗装 After

Before

作業・施工内容

海老名市在住T様はホームページを見てお問合せいただきました。

数あるリフォーム会社の中からマルセイテックを選んでいただきました。

相見積もりも数社ありましたが、価格、信用度、提案の質で選んでいただいたとのことでした。

作業も含め、しっかりと仕上がりましたので、この先は安心して暮らしていただければと思います。

 

外壁と屋根のリフォームをご依頼いただきましたが、今回は屋根塗装の様子をご紹介いたします。

 

現地調査では屋根瓦にクラック(ひび割れ)が生じていたのと、棟板金の浮きや釘抜けが見られました。

まずは足場を建てて、その後洗浄の工程です。

 

 

 

■バイオ高圧洗浄 

 

塗装工事の前に、下地処理のひとつである「洗浄」を行っていきます。

汚れを根こそぎ落とすために開発された高圧洗浄専用の洗剤、弊社オリジナルの「ガイソーパワークリーナー」を使用します。

 

高圧洗浄で汚れを吹き飛ばし、それでは落としきれない0.001mmにも満たない、とってもとっても小さい小さいピンホールに潜んでいるカビやコケ、藻などの汚れは、「ガイソーパワークリーナー」が徹底的に洗い落とします。

洗浄により綺麗になった下地にしっかり塗料を付着させることができるので、塗った塗料の性能を十分に引き出して外壁・屋根の寿命を引き延ばすことができるのです。この洗浄方法が弊社では標準仕様となっています。

 

塗装を行わないエクステリア・外構部分もサービスで洗浄しています。

カーポートや玄関タイル、擁壁・・・・

ガイソーパワークリーナーで洗浄するだけで真っ白(汚れ落ちでの白)になります。

 

洗浄が終わりましたら1日、2日かけてよく乾燥させてから、クラック(ひび割れ)などの補修工事を行い塗装面を綺麗に整えます。

 

 

 

 

■補修工事

 

瓦のクラックに高耐久のシーリング材を打って補修していきます。

採用したシーリング材は耐用年数30年と言われている「オートンイクシード」です。

屋根は日光や雨風の影響をダイレクトに受けますので、耐久性に優れた建材を使用するのがマスト。

オートンイクシードなら安心です。

 

こちらのシーリング材、外壁・屋根以外にも、洗面台・お風呂周り等様々な箇所で使用でき、幅広い用途で使用しています。

カラーバリエーションも豊富で、どんな建材にも合う色を見つけることができますので、マルセイテックではヘビロテです^^

 

瓦のクラックや棟板金の歪み・釘抜け等の補修も行い、その後に塗装工事の工程に入ります。

 

 

 

■屋根塗装工事

 

マルセイテックの塗装工事は下塗り・中塗り・上塗りの3度塗り。しっかりと手塗りローラー工法にて施工していきます。

 

まずは下塗り。下地の状況と主剤に応じて、フィラーかシーラーを下塗り材として使用しますが、今回はシーラーです。

中でも下塗りはとても大事な工程で、これを怠ると、主剤(中・上塗り塗料)がどんなに高級・高品質な塗料であっても、数年で塗膜の剥離等の不具合が出てきます。

下塗りは必要不可欠なものですが例外で「下塗り不要の上塗り塗料」という主剤も存在します。

そういった塗料でもご安心ください。ちゃんと綺麗に仕上がり、そして耐久性・耐候性もしっかり保持できます。

 

棟板金等金物部分は錆止めを下塗りで使用しました。

 

下塗りのあとは、中塗り・上塗りの工程です。

採用した屋根塗装工事の主剤仕様塗料は、こちらも弊社オリジナルの「ガイソールーフガードフッ素」。

屋根は紫外線や風雨にさらされて劣化が早いものですが、こちらのガイソールーフガードフッ素ならば1度の塗装で10年~15年程の耐用年数があり、長期間屋根を守ります。

 

屋根全体にしっかりと塗装を重ねて、完成です。

 

 

 

 

■雨樋交換工事

 

雨樋の交換工事もさせていただきました。

採用した雨樋はパナソニックのPC50です。

カラーはしんちゃで、どのような外壁にもしっくり馴染む色となっています。

 

雨樋交換にかかる日数は部分交換ですと数時間で終了します。

今回は全体を交換しましたので3日程度かかりました。

 

では、雨樋の交換が必要と言われる症状はどのようなものでしょうか。

 

①雨樋を支える金具の劣化(サビや折れ)

➁樋のひび割れ・破損

経年劣化でヒビは発生することがあります。今回の山田様邸も若干ですがひび割れが見られました。

③雨樋のゆがみ・変形

雪が積もった重さの影響で変形することがあります。

 

雨樋交換は20年以上たったものと言われているので、

すでに築25年以上でノーメンテナンスのお住まいは、雨樋に関係している箇所に不具合が発生している可能性があります。

とはいえ、天候(日射による熱、紫外線、雨・雪)や寒暖差などで雨樋は影響を受けますので、交換時期の年数はあくまでも目安です。定期的に専門の業者に点検してもらうと良いでしょう。

 

 

雨樋交換の施工方法は、軒樋に付いている雨樋を支える金具を含めて既存の雨樋を撤去し、新しい金具を専用ビスを使って固定します。

軒樋の金具の留め付けが終わったら、軒樋の取り付けです。

 

軒樋は、金具にはまりこむような形状となっていますので、ひっかけるような形で取付ます。

集水器の設置は、縦樋と連結する位置で軒樋に穴を開け、軒樋をはめ込むようにします。

 

軒樋を取り付けた後は、軒樋が集水器に集めた雨水を地面に流していく役割のある縦樋とその金具を取り付けます。

縦樋用の金具(でんでん)を外壁に設置する時は、壁側が水上側となるようにちょっとだけ勾配を付けて、それで雨漏りを防ぎます。

でんでんに縦樋を取り付けて完成です。

 

 

屋根塗装、外壁塗装、付帯部のリフォームでお住まい全体まるっと綺麗になり、まるで新築のように生まれ変わりました。

 

 

 

 

エリア

海老名市東柏ヶ谷

施工内容

外壁塗装

屋根塗装

シーリング

雨樋交換

施工期間

15日間

仕様

屋根材   :ガイソールーフガードフッ素

外壁材   :ガイソーウォールフッ素4F

シーリング材:オートンイクシード

雨樋材   :Panasonic PC-50

金額

130万円

その他の施工実績