施工実績


/

横浜市旭区中尾M・T様|外壁塗装,屋根カバー工法

横浜市旭区中尾M・T様|外壁塗装,屋根カバー工法 After

before Before

作業・施工内容

瀬谷区のお客様のご紹介いただいた横浜市旭区のM様邸のご紹介です。

屋根と外壁のリフォームでご依頼でした。

 

早速現地調査へ伺ったところ、

外壁の傷みもありましたが、屋根のダメージが本当に酷く、塗装仕上げではあまり高耐久をお約束することが出来なかったため、屋根はカバー工法、外壁には無機フッ素塗料での高耐久施工をご提案させていただきました。

 

 

足場を架設したあとに、まずは洗浄の工程からスタートです。

 

 

■バイオ高圧洗浄 

 

塗装工事の前に、下地処理のひとつである「洗浄」を行っていきます。

汚れを根こそぎ落とすために開発された高圧洗浄専用の洗剤、弊社オリジナルの「ガイソーパワークリーナー」を使用。

 

高圧洗浄で汚れを吹き飛ばし、それでは落としきれない0.001mmにも満たない、とってもとっても小さい小さいピンホールに潜んでいるカビやコケ、藻などの汚れは、「ガイソーパワークリーナー」が徹底的に洗い落とします。

洗浄により綺麗になった下地にしっかり塗料を付着させることができるので、塗った塗料の性能を十分に引き出して外壁・屋根の寿命を引き延ばすことができるのです。この洗浄方法が弊社では標準仕様となっています。

 

塗装を行わないエクステリア・外構部分もサービスで洗浄します。

カーポートや玄関タイル、擁壁・・・・

ガイソーパワークリーナーで洗浄するだけで真っ白(汚れ落ちでの白)になりますので、お客様にも結構喜ばれます^^

 

洗浄が終わりましたら1日、2日かけてよく乾燥させてから、塗装面のクラック(ひび割れ)の補修工事、シーリング工事(打ち直し、打ち増し)を行います。

 

 

 

■シーリング工事

 

外壁のシーリング材が剥がれてきていたので、外壁材の内側に雨水が侵入するのを防ぐ「シーリング工事」を行います。

タイルやサイディングの外壁材は、パネル同士の目地に隙間が生じるので、シーリング材でその隙間を埋めていきます。

シーリング材は外壁だけではなく、屋根、洗面台やお風呂まわりなど、様々なところで使われています。

 

 

既存シーリング材撤去

 

まずは、剥がれてきている、もしくは痩せてきているシーリング材を撤去します。

カッターの刃をを利用してシーリング材を剥がしていくので、刃を入れるときは、外壁材に傷がつかないように注意して作業しなくてはなりません。既存のシーリング材が残っている上に新しいシーリング材を打ってしまうと、次第に古いシーリング材から剥がれてきてしまうので、撤去作業はしっかりと行う必要があります。

 

 

新規シーリング材施工

 

撤去が終わったら、新しいシーリングを打っていきます。

採用したシーリング材は耐用年数30年と言われている「オートンイクシード」です。

マルセイテックでは継ぎ目以外に様々な補修工事でも使用しています。

カラーバリエーションが豊富で、どんな建材にも合う色を見つけることができます。

 

シーリング材を打つ前にプライマー(下塗り材)を塗ります。

シーリング材と下地との密着力を高めるためです。

 

続いて、新しいシーリング材を打っていきます。

打っていく溝を中心に両側マスキングテープを貼り、ヘラでならします。

シーリング材が乾いたら養生テープを剥がし、シーリング工事の完成です。

※外壁のクラックもシーリング材で埋めて補修します。

 

次はいよいよ外壁塗装の工程に入ります。

 

 

■外壁塗装工事

 

外壁塗装工事の工程に入ります。

まずは下塗りです。手塗りローラー工法です。

下塗りはとても大事な工程で、これを怠ると、主剤(中・上塗り塗料)がどんなに高級・高品質な塗料であっても、数年で塗膜の剥離等の不具合が出てきます。そんな悲しい事ないですよね。

マルセイテックの塗装工事は下塗り・中塗り・上塗りの三度塗りがマストとなっています。

(※塗料製品・外壁の状態にもよります。ちなみに中塗りと上塗りは同じ塗料です。)

 

下地の状況と主剤に応じて、フィラーかシーラーを下塗り材として使用しますが、今回はシーラーです。

 

下塗りは必要不可欠なものですが例外で「下塗り不要の上塗り塗料」という主剤も存在します。

そういった塗料でも綺麗に仕上がり、そして耐久性・耐候性もしっかり保持できます。

 

続いて中塗り・上塗りの工程です。

同じく手塗りローラー工法にて施工していきます。

併せて付帯部(雨樋・雨戸シャッターボックス・破風板・軒天井・他)の塗装も行い、外壁塗装工事の完成です。

 

 

採用した塗料は弊社オリジナルの「ガイソーウォール無機F」。

無機とフッ素の結合によって誕生したハイグレード塗料です。耐候性や耐汚染性を高めつつ柔軟性のある塗料で、紫外線や風雨など過酷な条件でも長期間建物を守り続けます。また、防藻・防カビ機能が備わっているので、嫌な藻やカビ菌の発生を抑制します。

 

カラーは施工前と同じアイボリーですが、艶有塗料という事もあり明るくピカピカに仕上がりました。

 

続いて屋根重ね葺き工事の様子についてご紹介します。

 

 

 

■屋根重ね葺き工事 

屋根カバー(重ね葺き工事)とは、既存屋根の上に新しい屋根材を葺く工法です。

葺き替えに比べ古い屋根材を撤去する費用がかからず工期も短く済むので、とても人気のあるリフォームです。

(注:既存が日本瓦の場合は重ね葺きはできません)

 

 

既存棟板金/金物撤去

まずは既存の屋根に付いている金物、棟板金、雪止め、ケラバ等を取り外します。

 

棟板金を外すと、内部に貫板というものが現れます。

こちらも取り外していきます。

 

貫板とは棟板金を固定する為の下地板の事です。

少し前までは木材の貫板が多く利用されていましたが、木材は経年劣化しやすく、雨水等を含んでしまうと腐食してしまうこともあるので、最近は耐朽性に優れた樹脂製タイプが使われてきています。今回の重ね葺きでも新しい貫板は樹脂製を使用します。

貫板を取り外したら、フラットな屋根になりました。

続いて屋根全体に新しい防水ルーフィングを張り付けていきます。

 

防水ルーフィング施工

採用したルーフィングはセーレンの「ルーフラミテクト」です。

ルーフィング材を敷くことで防水性はもちろん、小屋裏を結露から守ります。

ルーフィング材はタッカーという大きなホチキスみたいなもので下地に打ち付けるのですが、そのタッカーの穴から雨水が漏れてしまうこともあります。ですが、このルーフラミテクトは特殊なポリマーが膨張してその穴などからの漏水をブロック。止水効果も優れているのです。弊社での重ね葺き・葺き替え工事ではよく利用しています。

 

金物役物取り付け

 

ガルバリウム鋼板製の金物で、ケラバに「唐草」と「ケラバ包み」を取り付けます。

外壁から出っ張っている屋根部分で、雨樋がついていない側をケラバと言い、「ケラバ」とカタカナで書くのが一般的ですが、漢字だと「螻羽」と書きます。

雨樋が付く軒側にも「唐草」を取り付けます。

屋根の淵は雨水が侵入しやすい箇所ですので、水切りの役割がある「唐草」を屋根周りにしっかりと取り付けていきます。

 

 

本体葺き

 

いよいよ本体葺きです。

軒先側から2段目と3段目に雪止め挟みながらタッカーや専用のビスを使って取付けていきます。

、重ね葺きにも適した超軽量タイプ「オークリッジスーパー」です。

屋根の上に屋根を・・・・それって建物に負荷がかかってしまうのでは?と心配になられるかと思います。

ですがオークリッジスーパーは一般的な屋根瓦の1/4以下の重量となっていて軽量屋根材となっていますので安心です。

また、主成分がアスファルトですので水を吸い込むことがなく防水性にも優れています。

高耐久ファイバーグラスマットを芯材とする2層で構造されているオークリッジスーパーは丈夫で長持ち。

その信頼の証として「ライフタイムワランティー」という長期製品保証(制限付き)が付いています。

 

 

棟取付

 

新しい棟板金を取り付けていきます。

その前に下地の貫板設置です。

棟のラインに合わせて貫板を固定させます

貫板撤去時に記述しましたが、こちらがプラスチック樹脂製の貫板で「タフモック」という製品です。

軽量で柔軟性もあり、高い耐久性も持っていて、腐食に強い材質なのでシロアリが発生しにくいといった特長があります。

 

貫板をビスで取り付けたあと、ガルバリウム鋼板製の棟板金を被せて固定していきます。

 

板金取付の仕上げで、ケラバの取り合い部分にシーリングを打って、しっかりと接着させます。

こちらで採用しているシーリング材は、耐用年数30年が期待できる超高耐久シーリング材「オートンイクシード」。

紫外線や雨風を直で受ける屋根ですが、こちらのシーリング材でしたら長い期間安心です。

 

工事完成

屋根重ね葺き工事の完成です!

重ね葺き工事に向いている軽量屋根材のオークリッジスーパー、屋根リフォームを検討されている方は是非候補に挙げてみてください。

 

 

エリア

神奈川県横浜市旭区中尾

施工内容

外壁塗装,屋根カバー工法,雨樋交換

施工期間

3週間

仕様

外壁塗料:ガイソーウォール無機フッ素
屋根材 :オークリッジスーパー

金額

170万円

その他の施工実績