施工実績


海老名市東柏ケ谷 T・M様|屋根カバー工法

海老名市東柏ケ谷 T・M様|屋根カバー工法 After

Before

作業・施工内容

ホームページからお問合せいただきました海老名市東柏ケ谷のT様邸。

デザイン性の高い幕板の傷みが気になり、外壁塗装をご検討のお客様でした。

さらに、屋根の傷み劣化も出ていた為、一緒に屋根のカバー工法をおすすめしました。

 

屋根の塗装処理をおすすめしなかった理由は、既存の劣化状況から考えると、外壁より傷みが早くやってくることが分かっていたからです。10年後、外壁はまだ大丈夫なのに屋根のメンテナンスをしなければいけないといった状況を回避し、長い目で見れば経済的にもお得になるといった事をしっかりと説明させていただき、このような工事内容となりました。

 

そう何度も外装リフォームをしたくないはず。

足場代ももったいないですしね・・・

と思い、今後も最善を尽くしたプランニングを行っていきます。

 

 

■足場架設工事

 

まずは足場架設工事です。

足場架設工事は一般的な住宅の場合、およそ20万円程の費用がかかりますので、屋根と外壁のメンテナンスは一度に行ってしまったほうがベターです。

 

足場工事が必要な理由は、主に以下のとおりです。

 

①職人の高所作業での安全確保の為

➁作業効率を高めて工期を短くするた為

③塗料等材料の飛散防止の為

 

労働者の安全と健康を確保し、快適な作業環境を作り出すために厚生労働省が発行した省令「労働安全衛生規則」では、「2m以上の高所作業を行う時は安全な足場を設ける必要がある」と定められています。一般的な二階建て住宅の屋根から転落してしまうと大怪我は免れません。場合によっては死亡事故につながることも・・・

 

職人を守り、工事を無事に終わらせられるよう足場は必ず設置します。

 

 

 

■屋根重ね葺き工事 

 

~棟板金などの解体撤去~

屋根カバー(重ね葺き工事)とは、既存屋根の上に新しい屋根材を葺く工法です。

葺き替えに比べ古い屋根材を撤去する費用がかからず工期も短く済むので、とても人気のあるリフォームです。

(注:既存が日本瓦の場合は重ね葺きはできません)

まずは既存の屋根に付いている金物、棟板金、雪止め、ケラバ等を取り外します。

 

棟板金を外すと、内部に貫板というものが現れます。

こちらも取り外していきます。

 

貫板とは棟板金を固定する為の下地板の事です。

少し前までは木材の貫板が多く利用されていましたが、木材は経年劣化しやすく、雨水等を含んでしまうと腐食してしまうこともあるので、最近は耐朽性に優れた樹脂製タイプが使われてきています。今回の重ね葺きでも新しい貫板は樹脂製を使用します。

貫板を取り外したら、フラットな屋根になりました。

続いて屋根全体に新しい防水ルーフィングを張り付けていきます。

 

 

~防水ルーフィング施工~

 

採用したルーフィングは改質アスファルトルーフィング材「カッパ」です。

ルーフィング材を敷くことで防水性はもちろん、小屋裏を結露から守ります。

タッカーという大きなホチキスみたいなもので下地に打ち付けるのですが、そのタッカーの穴から雨水が漏れてしまうこともあります。ですが、このカッパは改質アスファルトの効果により漏水をブロック。止水効果も優れています。

弊社での重ね葺き・葺き替え工事ではよく利用しています。

 

 

 

 

~金物役物取り付け~

 

ガルバリウム鋼板製の金物で、ケラバに「唐草」と「ケラバ包み」を取り付けます。

外壁から出っ張っている屋根部分で、雨樋がついていない側をケラバと言い、「ケラバ」とカタカナで書くのが一般的ですが、漢字だと「螻羽」と書きます。

雨樋が付く軒側にも「唐草」を取り付けます。

屋根の淵は雨水が侵入しやすい箇所ですので、水切りの役割がある「唐草」を屋根周りにしっかりと取り付けていきます。

 

 

 

 

~本体葺き~

 

いよいよ本体葺きです。

軒先側から2段目と3段目に雪止め挟みながらタッカーや専用のビスを使って取付けていきます。

、重ね葺きにも適した超軽量タイプ「オークリッジスーパー」です。

屋根の上に屋根を・・・・それって建物に負荷がかかってしまうのでは?と心配になられるかと思います。

ですがオークリッジスーパーは一般的な屋根瓦の1/4以下の重量となっていて軽量屋根材となっていますので安心です。

また、主成分がアスファルトですので水を吸い込むことがなく防水性にも優れています。

高耐久ファイバーグラスマットを芯材とする2層で構造されているオークリッジスーパーは丈夫で長持ち。

その信頼の証として「ライフタイムワランティー」という長期製品保証(制限付き)が付いています。

 

 

 

 

~棟取付~

 

新しい棟板金を取り付けていきます。

その前に下地の貫板設置です。

棟のラインに合わせて貫板を固定させます

貫板撤去時に記述しましたが、こちらがプラスチック樹脂製の貫板で「タフモック」という製品です。

軽量で柔軟性もあり、高い耐久性も持っていて、腐食に強い材質なのでシロアリが発生しにくいといった特長があります。

 

貫板をビスで取り付けたあと、ガルバリウム鋼板製の棟板金を被せて固定していきます。

 

板金取付の仕上げで、ケラバの取り合い部分にシーリングを打って、しっかりと接着させます。

こちらで採用しているシーリング材は、耐用年数30年が期待できる超高耐久シーリング材「オートンイクシード」。

紫外線や雨風を直で受ける屋根ですが、こちらのシーリング材でしたら長い期間安心です。

 

 

~工事完成~

 

屋根重ね葺き工事の完成です!

重ね葺き工事に向いている軽量屋根材のオークリッジスーパー、屋根リフォームを検討されている方は是非候補に挙げてみてください。

 

 

エリア

海老名市東柏ヶ谷

施工内容

外壁塗装

屋根カバー工法

シーリング

幕板板金張り

ベランダ防水

施工期間

17日間

仕様

屋根材   :オークリッジスーパー

外壁材   :ガイソーウォールフッ素4FⅡ

シーリング材:オートンイクシード

 

金額

150万円

その他の施工実績