神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【土壁の塗装】土壁のメンテナンスは塗装がおすすめです!

土壁は日本の気候に合った調湿性や蓄熱効果などを持ち合わせている壁材です。

しかし、定期的にメンテナンスを行わないと、経年劣化によってリフォームが必要になる場合もあります。

土壁からの出てくる土埃が気になるという方、土壁がボロボロなので塗りなおしを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、土壁と砂壁の違い、塗装のタイミング、土壁を塗装した場合のメリット・デメリットなどについてご紹介いたします。

劣化している土壁をキレイにしたいという方や、土壁の塗装を業者に依頼しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

土壁と砂壁の違い

土壁は、土や砂や藁などを練ったものを何層にも重ね塗りした下地となる壁の表面に、土を主な成分とした素材を塗って仕上げた塗り壁のことです。

 

土壁と見分けが付きにくいのが、仕上げに砂を塗って仕上げた砂壁です。

家の壁が土壁か砂壁かわからない!という方のために、それぞれの特徴と見分け方についてまとめました。

参考にしてください。

 

種類

土壁

砂壁

特徴

藁スサなどを配合した土を主な成分とした塗り壁。

「蓄熱効果」「調湿作用」、

「防火作用」に優れている。

砂を主な成分とした上塗塗り壁。

「調湿作用」、「防火作用」、

「有害物質の吸収作用」に優れている。

見分け方

霧吹きで数回水を吹き付けた場合に、水を吸い込む。

霧吹きで数回水を吹き付けた場合に、水滴が残る。

 

 

 

土壁のメリット

土壁の材料となっている土、砂、藁はとてもナチュラルな素材です。

化学的な物質を含みませんので、いわゆる「シックハウス症候群(ホルムアルデヒドなどの化学物質に対するアレルギー)」を起こさずに済みます。

また、室内の湿度が上がれば水分を吸収し、乾燥してくると溜め込んだ水分を放出してくれますので、「呼吸する部屋」をつくることができます。

 

このように健康面でもよい材料であると同時に、土壁はエコロジーの面からも注目されています。

家を建てようとするエリアから入手できる竹や土で壁を作るのですから、輸送にかかるコスト(=二酸化炭素の排出)は大きくありません。

そして、土は燃えない性質を持っていますので、「古きよきもの」が人気の今、不燃認定を取得する土壁塗材を発売する会社も増えています。

しかし、このような商品はあくまで内壁仕上げに使用する「漆喰」や「珪藻土」のような位置づけですので、本物の土壁を求める方には不向きかもしれません。

 

 

 

塗装の時期を見極めるポイント

土壁のリフォームをしよう!と考えても、この現状で本当にリフォームしちゃっても良いものなのか?!

と迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方々のために「本当に今、土壁をリフォームすべきなのか」を判断するためのポイントについてまとめました。

リフォームの時期を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

①土壁が土埃の原因になっている

土壁がボロボロと崩れて土埃の原因となっている状態は、リフォームをおすすめします。

土埃が発生するのは、老朽化によって土壁に亀裂が入ったり、剥落したりしているためです。

土埃は地上から1m程度浮遊することもありますので、健康を損ねることにも繋がりかねません。

土壁の部屋に土埃が目立つようになってきたという方は、リフォームをご検討ください。

 

②土壁が黒ずみ汚れている

土壁に黒ずみが目立ってきた場合は、リフォームを検討し始めてよい時期です。

黒ずみは、長年かけて土壁に手垢などが付着した結果として表面化します。

洗浄しても落ちにくいので、汚れがとても気になる方はリフォームをおすすめします。

 

③土壁にカビが生えている

土壁にカビが生えている状態は、早急に土壁のリフォームを検討していただきたい時期です。

カビは調湿性が低下している可能性があり、そうなると喘息やアレルギーの原因にもなるため、土壁を全て取り除いた上でのリフォームで、カビ除去の専門業者に依頼をしてカビをクリーニングしてもらうことをおすすめします。

土壁の部屋にカビが目立つようになってきた場合は、劣化の症状としてだけでなく、健康を損ねる原因にもなります。

早めのリフォームをご検討ください。

 

④土壁にひびが入っている

土壁にひびが入っている場合も、早めにリフォームを行っていただきたいです。

ひびは調湿性が低下したことや、強い衝撃が壁に加わったことによって現れる劣化の症状です。

放置しておくと土埃が落ちるだけでなく、土壁ごと壊れてしまう危険性もあります。

早めに補修またはリフォームをすることをおすすめします。

 

 

土壁塗装にかかる費用と所要期間(業者に依頼した場合)

土壁の塗装を業者に依頼した場合は、だいたいですが和室6畳の場合、費用は6~10万円程度です。

工事期間は約2日~4日程度でしょう。

※費用は業者や施工内容によっても異なります。

 

 

土壁の塗装のメリットとデメリット

①メリット

■ 部屋の雰囲気を一新することができる

■ 土が落ちることを防ぐことができる

■ 短い工期と10万円以下でリフォームができる

 

②デメリット

■ 土壁の調湿性や和風建築の風合いなどが失われてしまう

■ 塗装をした後は土壁の材料としては再利用できなくなる

 

 

土壁は漆喰や珪藻土などで塗り替えたり、クロスで張替えたりすることができます。

土壁の塗装はメリットがある一方で、張替えの素材によっては失われてしまう機能や壁材の再利用ができないといったデメリットもあります。

費用面や将来的にどのような部屋にしたいのかということを考えた上で、土壁塗装を行なうのか、それとも別の方法でメンテナンスを行なうのかを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

◎ まとめ ◎

土壁は塗装だけでなく、漆喰や珪藻土などでの塗替えやクロスへの張替えもできます。

漆喰に塗り替えると、カビが生えにくく、艶感のある仕上がりになります。

珪藻土に塗り替えた場合は、調湿・脱臭性能に優れた柔らかさのある仕上がります。

クロス張り替えの場合、多くのデザインから選べるうえに、汚れ・傷に強いため、和室を洋室に一新できて、さらに保護性に優れた部屋にできます。

目的に応じて土壁の塗装だけでなく、これらの方法も検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.