神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【外壁カラー】横浜市緑区対応の外壁塗装業者が解説~白黒の壁のメリット・デメリット~

外壁の色って何色にしようか迷いますよね。

せっかく塗装をするのですから、仕上がりにはこだわりを持ちたいもの。

 

『あまりにカラフル過ぎても派手だし、地味すぎるのも嫌』
 
そんな時はシンプルな白黒の壁にしてみてはどうでしょうか?
しかし、実際にやったことがないと、どんな感じになるのか想像もつかないと思います。
そこで今回は白黒の壁のメリットとデメリットを解説します。
 
 
 

◎白黒の壁のメリット

①白は明るい印象になる

白はすべての色の中で最も明るい色です。
光の反射率が高く、光が当たるとキラキラと明るく輝きます。
また、明るいだけでなく清潔感もあります。
どんな色で塗装をしても、外壁塗装をした後の住宅は見栄えが良くなりますが、白色はその中でも特別良い印象を与えます。
また洋風テイストが演出できるためオシャレな外観になります。
 
 

②黒は高級感や重厚感を演出

黒はオシャレでモダンな雰囲気を持つ色です。
黒で外壁塗装を施すことで、高級感と重厚感を演出することができます。
塗替えの場合であれば、それまでの建物の印象を全く別の物にすることができるでしょう。
家は毎日帰ってくる場所です。
黒の塗装を施すことで、新鮮な気持ちで毎日の生活を送ることができるでしょう。
 
 
 

◎白黒の壁のデメリット

メリットがあるということは、もちろんデメリットもあります。
次にデメリットについて紹介します。

①白は汚れが目立つ

白い外壁最大のデメリットは、汚れが目立ちやすいということです。
外壁に付いた泥や排気ガス、日当たりによって発生した苔などの汚れはハッキリと見えてしまいます。
また築年数の経過による経年劣化によっても、汚れが目立つようになります。
もともとが純粋な色であるため、手入れをしないままで居ると、薄汚れてきたという印象が強くなります。
こうしたデメリットの対策として、真っ白ではなくオフホワイトなどの少し他の色が混ざった色を選ぶことをオススメします。
 

 

②黒は外壁が熱くなる

黒は色の中で、最も熱を吸収する色です。
例えば夏の直射日光の下で帽子をかぶっていなかったら、頭がとても暑くなりますよね。
これは髪の毛が黒いため、熱を吸収しているのです。
外壁の色が黒の場合も、これと同じ原理で熱を吸収するし、熱くなります。
外壁の温度が上がれば、それに連動して室内も暑くなってしまいます。
室内の温度に関しては、性能の良い断熱材を使うことで対策できるでしょう。
また日光が毎日当たり続けるため劣化が進み色落ちなどがおきます。
定期的なメンテナンスが欠かせない色になります。
 
 
 

◎まとめ

今回は白黒の壁のメリット、デメリットを紹介しました。
洋風な建物外観で、全体的にシンプルな仕上がりにしたいという方にはオススメです。
横浜市緑区で外壁塗装をお考えの方は、マルセイテックまでお気軽にお問い合わせください。
外壁点検・屋根点検・建物点検や見積など、無料で対応させていただきます。
 
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.