神奈川の外壁塗装・雨漏り屋根工事ならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【外壁塗装】吹き付け塗装の工法とは?メリット・デメリットについて徹底解説!

外壁の塗装方法には、吹き付け塗装とローラー塗装の2種類があります。

近年の外壁の塗り替えではローラー塗装が主流になっていますが、モルタル壁の場合は現在も吹き付け塗装が採用されています。

施工数は以前ほど多くないようですが、仕上げの美しさや多彩さから、吹き付け塗装には根強い人気があります。

今回は、吹き付け塗装のメリット、デメリットなどを解説いたします。

 

ローラー塗装のメリット・デメリットについてはこちら

 

 

 

吹き付け塗装とは?

通常の外壁塗装では、ローラーや刷毛を使った「手塗り」がメインですが、吹き付け塗装とは「スプレーガン」という専用の道具を使って、スプレーによる霧状で外壁に均一に吹き付ける塗装方法です。

ローラーよりも塗料の量を多く使い、飛散が多い施工法ですので、職人はマスクで防備して塗装を行います。

また吹き付け塗装は、住宅地よりも工場・倉庫等の塗装面積が大きくて近隣への影響が少ない場所で、効率よく行う塗装に向いています。

吹き付けはローラーよりも早く・安く施工できるので、そういう意味でも、吹き付け塗装は広い範囲の塗装に最適です。

 

また、吹き付け塗装はモルタル壁によく使われる施工方法です。

しかし、昨今モルタル壁は減り、サイディングボートが普及しているため、吹き付け塗装をする機会はさらに少なくなっているのが現状です。

 

 

 

吹き付け塗装 スプレーの種類

吹き付け塗装に使用されるスプレーガンは、エアスプレーエアレススプレーがあり、以下のような違いがあります。

 

①エアスプレー

エアスプレーは重力式・吸上式・圧送式があり、圧縮した空気を利用し塗料をミスト状にして噴射します。

細かな調整ができるため、塗装面がきれいに仕上がることがメリットです。

デメリットはエアとともに塗料が飛散しやすいことや、塗膜が薄くなることです。

エアスプレーは、石材調やタイル吹き・スタッコ・リシンなど吹き付けでなければ出せないテクスチャのときに使用するのが一般的です。

 

 

②エアレススプレー

エアレススプレーは空気を利用するのではなく、塗料に直接圧力をかけて噴射口から飛ばす仕組みです。

粘度の高い塗料にも使用でき、塗料の無駄が少ないことがメリットです。

デメリットは細かな部分の塗装には不向きなことです。

 

 

 

吹き付け塗装の「メリット」

複雑な模様・重厚感ある雰囲気・凹凸のある立体感など多用な仕上がりを出せることができます。

これは吹き付け塗装の最大のメリットで、このような仕上がりを出したい方にはおすすめの工法です。

そして、塗膜の品質を均一にでき、より多くの膜厚をつけやすい工法でもあるので、仕上がりがきれいになることもメリットと言えるでしょう。

また、補修跡が分かりづらく、仕上がりの特長である「重厚感」が長く保てる点です。

特にタイル吹き押さえ仕上げにおいて、このメリットが発揮されます。

 

スプレーガンによる塗装は、施工時間を短くできます。

施工時間を短くできれば、工事費用が安くなるというメリットにつながるのです。

ローラー塗装などの手塗りの工法に比べると、2倍から3倍は早いと言われています。

工期が短くなれば、費用も安く済むのでこの点は最大のメリットです。

ただし養生の時間は、ローラーよりかかりますので、養生の手間のかかる戸建てより、工場の大きい壁やシャッターのような広い平面の塗装に向いています。

 

・塗料に細かい石を混ぜると、さまざまな仕上がりになる

・塗装時間が早い

・工場や倉庫のような塗装面が広い場合の塗装に向いている

・費用をおさえることができる

 

 

 

吹き付け塗装の「デメリット」

まず、吹き付け塗装とは、塗料が飛散する施工法です。

吹き付けのため、塗料が空気中に大量に飛散します。

そのため塗料を大量に使う事になります。

しかも、塗料のうち20%も塗料が空中に飛散してしまうため、施工中の安全が問われる集合住宅には向いていません。

 

また、養生に手間と時間を要します。

噴射時における塗料の飛び散り対策として養生をするのですが、手塗り工法の養生に比べてよりしっかりと、周辺の植木や建具などにも養生を施す必要があります。

そして、スプレーは機械ですから「プシュ―」という騒音がしますので、施工中は隣家に事前に挨拶しておいた方がよいでしょう。

 

吹き付け塗装は、塗装職人に高い技術レベルが求められます。

スプレーガン1本で施工を行えるため簡単に見えますが、吹き付け塗装もそれなりに技術を要します。

仕上がりを良くするには、一定速度で上から下へ、右から左へと、安定した動作が必要になります。

これができないとムラになるため、吹き付けに慣れていない業者に任せると、残念な結果になってしまいがちです。

 

・塗料を大量に使う

・養生に時間がかかる

・騒音がする

・技術が必要

 

 

近年は吹き付け塗装を行う業者が減ってきています

吹き付け塗装には手塗りにはない魅力がありますが、残念ながらこれを行う業者が年々減っているのが現状です。

主な理由としては、先ほど述べた通り塗料の大量飛散の可能性があることによる安全性や近隣への配慮の問題があげられます。

風などの自然条件を相手にするため、完璧な養生というのがどうしても難しいのです。

 

また、外壁材の主流がモルタルからサイディングボードに移り変わってきたこともあげられます。

大半の業者は、外壁塗装を依頼した場合手塗りを勧めてきます。

しかし、環境的に問題がなく、吹き付け塗装を譲れない!という場合は、複数の業者に相談してみると良いでしょう。

 

 

 

◎ まとめ ◎

吹き付け塗装は「塗料の飛び散りが多く、機械音がうるさいからデメリットが多い」という感想を持つかもしれません。

確かにデメリットがありますが、それを補うだけのメリットもあります。

そして、それは吹き付け塗装だけでなく、ローラー塗装や刷毛塗装も同じです。

どの外壁塗装でも一長一短があります。

 

業者の得意分野もありますし、立地や周辺環境にもよると思います。

特徴を知り、自分が望む工法を選びましょう。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.