神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【外壁・屋根塗装工事】ご近所への挨拶まわりについて

外壁塗装前のご近所への挨拶はどうすればいいのか、悩んでいる方も多いと思います。

塗装工事は近所に住む人の目で見れば、大がかりなリフォームです。

どうしてもご迷惑をかけてしまう工事内容のため、ご近所への挨拶を怠ってしまうとトラブルの原因となってしまいます。

些細なものでも事前に挨拶回りを必ず行いましょう。

 

基本的には、施工業者が把握しており、ご近隣への挨拶から説明まで行ってくれます。

では、業者が挨拶を行ってくれるのに、自分でも挨拶に行く必要があるのでしょうか?

 

今回は外壁・屋根塗装工事前の挨拶の必要性について紹介していきます。

 

 

 

業者も挨拶に行ってくれます

外壁塗装前に近所に挨拶回りをするといっても、近所づきあいの深い人浅い人がいたり、得手不得手があったりします。

また、工事内容の説明や疑問への答えなどをうまく話せるか、心配されている方も少なくないでしょう。

でも、大丈夫です。

事前の挨拶回りは塗装業者も行ってくれます。

業者はプロですから、工事の工程、近隣の方が不安に思ったことにも的確に答えてもくれます。

これなら近隣の方も安心して工事を迎えられますね。

 

逆に言えば、事前の挨拶回りを行わない業者は、信頼できないということに・・・

見積もりをお願いした時に、事前のご近所挨拶についても確認するのがおすすめです。

 

 

 

 

ご近所挨拶は工事の1週間前には済ませましょう

外壁塗装の工事が始まる1週間前には挨拶に回るようにしましょう。

先に書いたとおり、施工業者の方でも外壁塗装工事の前にご近所への挨拶まわりはしてくれますが、業者任せにせず、自分でもまわった方が心証が良いでしょう

 

外壁塗装工事では、足場の組み立てや解体、洗浄などの際にどうしても響く音が出てしまいます。

近所の方の理解いただくために、良好な関係を続けていくためにも自ら挨拶はすませたいものです。

「うるさいなー」「臭いなー」と思っても、予め住人自ら挨拶回りをして風通し良くしておけば、案外大目に見てもらえるものです。

 挨拶まわりを塗装業者に任せっぱなしで、本人からの挨拶が全く無しでは感情的にそうはいきませんよね。

 

 

挨拶で伝えるべきこと

挨拶では、なにを伝えるべきかを紹介します。

 

① 工事期間(いつからいつまで)

② 工事時間の目安(開始時間と終了時間)

③ 休日に工事はおこなうかどうか

④ 近所の家にも養生するかもしれない旨

 

以上が必ず伝えておくべきことです。

④の養生とは、家や車が汚れないようにカバーをかけることをいいます。

これは、近所の家と距離が近い場合におこなう必要があります。

また、近所の方も工事で自分の家が汚れてしまわないか不安に感じているかもしれないので、先に伝えておいた方が、あとあとトラブルにならなくて済みます。

 

とはいっても、業者からはより詳しい説明があるので、自分で挨拶に行く際はそんなに詳しい事まで伝える必要はないと思います。

後で業者の方からも挨拶があることを伝えておくとより親切です。

 

 

 

挨拶の範囲

挨拶範囲は、自分の家を囲むすべての家に行くようにしましょう。

イメージとしては、両隣の2軒、向かいの3軒、裏の3軒です。

隣接する近所ですから、迷惑をかけてしまうことを想定して、この範囲の挨拶は怠らないようにしましょう。

この範囲以外でも、騒音や、ニオイが気になりそうだと感じる場合は、この範囲外でも挨拶に行きましょう。

挨拶をするに越したことはないですね。

 

 

粗品について

挨拶で「何か粗品を持っていくべきか?」と思う方もいますよね。

結論から言うと、用意しておいたほうが良いです。

 

挨拶回りの品は、あまりに高額だと、相手にとって負担になります。

まわりまわって、次はお隣が外壁塗装を行う場合に、気を使わせることになるからお互いさまという面もあるからです。

お互いの負担にならずに気持ちを伝えるには、最近では生活のなかで使う消耗品がぴったりのようです。

また、業者のほうでも粗品を用意してくれている場合もあります。

挨拶にいく前に一度、業者に相談しても良いかもしれません。

 

 

DIYのときこそ挨拶は必須

外壁塗装は、DIYで行うこともあるリフォームです。

DIYのときこそ、近所への挨拶は忘れないようにしましょう。

DIY程度の小規模なら、と思ってしまうかもしれませんが、慣れない作業はさまざまなアクシデントが予測されます。

高圧洗浄機は使わなくても、ブラシで外壁をこすれば水が飛ぶかもしれませんし、養生に不手際があれば塗料がお隣の壁に飛んでしまうかもしれません。

そんなアクシデントを避けるために近所のお宅に協力してもらうことがあるかもしれません。

また、事前に挨拶することで、なにかアクシデントが発生した場合にスムーズに対応策がとれます。

DIYだからと過少に考えるのは、後々のご近所づきあいにも影響が出る場合があるので注意しましょう。

 

 

 

◎ まとめ ◎

挨拶は近所トラブル防止になります!

もしお隣の家が何の説明も挨拶もなく外壁塗装工事を始めたら、どう思うでしょうか?

ある日から突然、家の前に大きなトラックが停車していたり、大きな音や、ニオイがしたら気分がよくないですよね。

こういうことが原因で、外壁塗装工事では近所とのトラブルになってしまい、関係が悪くなってしまう結果になることが多いです。

簡単な説明と挨拶で近所とのトラブルを防止することができるので、外壁塗装工事の近所への周知は省略したくないですね。

 

御覧いただきありがとうございました。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.