神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


外壁塗装する方必見!足場が組めないときの対応策はある?綾瀬市地域密着店が教えます!!

外壁塗装をお考えの方に向けて、足場についてお話しします。

外壁塗装を検討中の方の中には、お住いの住居が狭小住宅や変形敷地であることを理由に足場が組めないのでは?というお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
最近ですと、外壁塗装をしたいけど、横並びになっている住宅との間隔で悩んでいる方が多いようです。
そこで今回は、綾瀬市で外壁塗装をお考えの方に向けて、足場が組めないときの対応策を紹介します。
 
 
 

足場 

外壁の劣化したところをなおす改修工事は、足場を要する工事が多いです。
しかし、5坪から15坪程度の狭い土地に建てられる一戸建ての狭小住宅や、三角形などの多数の辺がある敷地や傾斜面に建てられた住宅で、足場を設置することが困難な場合はどうすれば良いのでしょうか?
一般的に足場を設置する際に必要な距離は、60センチから70センチと言われています。
横並びになっている住宅との間隔が、上記の数値以内であることを確認し、足場を組むための作業スペースを十分確保できるか、あらかじめ把握しておくと良いでしょう。
足踏板(あぶみいた)は、工事を行う際の「仮通路」として使用する板のことで、幅が約40センチ、踏板の落下を防ぐために立てられる柱が約20センチ(10センチの支柱を2本使用する)であるため、足場を組み立てるための作業空間も考えると、70センチ以上を確保できると良いでしょう。
 
 
 

足場が組めないときの対応策 

足場を組むために必要とされている範囲は60センチから70センチと言われていますが、そのスペースを確保できない場合はどうすればよいでしょうか?
 

*5坪から15坪程度の狭い土地に建てられる一戸建ての狭小住宅用の足場を使用する

足場の中には、15センチから25センチ程度の足踏板(あぶみいた)のような狭小住宅専門の特殊なものもあります。
足踏板(あぶみいた)に取り付ける支柱も、サイズに合わせて配置を変えることができるため、おおよそ30センチの距離を確保することができれば、足場を組むことが可能です。
 

*単管(たんかん)工事

単管(たんかん)工事とは、従来の足場の組み立て方法のことをいいます。
金具を使用してパイプをはめ合わせることで足場としての使用が可能です。
単管(たんかん)工事は狭小住宅間での足場に使われ、主に小規模工事に使われることが多いです。
 
 
 

◎ まとめ ◎

今回は、綾瀬市で外壁塗装をお考えの方に向けて、足場が組めないときの対応策を紹介しました。
外壁塗装を検討中の方は、足場についてイメージを掴むことができたでしょうか?
この記事を参考にして、外壁塗装を検討してみてください。
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.