神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】日曜・祝日・隔週水曜

ブログ


フッ素塗料で高級外壁塗装?座間市の地域密着店が徹底解説

「外壁塗装の塗料はいろいろな種類があるらしい。」

「高級塗料のフッ素系塗料にはどのようなメリットがあるのだろう?」

このように、フッ素系塗料について疑問を持つ方はいらっしゃいませんか?
塗料のメリットやデメリットを知っておくと、塗料を選びやすくなります。
そこで、今回は「フッ素系塗料のメリットとデメリット」をご紹介します。
 

□メリット

 
*耐久性が高い

フッ素系塗料の一番大きなメリットは、耐用年数がほかの塗料よりも長い点です。
この塗料は外壁に密着する性質を持っており、雨や風、太陽光にさらされても、長期間、外壁との隙間を作らないため、しっかりと外壁を守ることができます。
そのため、耐用年数は15~20年と言われています。
現在、最もよく使われているシリコン系塗料の耐用年数が8~13年と言われているので、フッ素系塗料の耐久性の高さが良く分かります。
また、フッ素系塗料は防カビ性、防藻性にも優れており、日当たりが悪く、湿気が多い外壁でも藻やカビの発生を抑え、いつまでも見栄えの良い状態を維持できます。
このように、フッ素系塗料のメリットの一つは、耐久性への信頼度が高いことです。
 

*塗り替えの回数を減らすことができる

耐用年数が長いことで、塗り替えの頻度を少なくできます。
シリコン系塗料だと、30年で3回ほどの塗り替えをする計算になりますが、フッ素系塗料なら30年に2回ほどの塗り替えで十分です。
塗り替えには、数十万円以上の費用が必要になりますし、工事期間も二週間ほどかかることがほとんどです。
塗り替えの回数を減らすことで、手間が大幅に削減されることは、とても大きなメリットだと言えるでしょう。
 

□デメリット

 

*価格が高い

外壁塗装の塗料のグレードは、アクリル系<ウレタン系<シリコン系<フッ素系、の順なので、フッ素系塗料は、最も高いグレードの塗料だと言えます。
そのため、耐用年数などの性能の面で最も優れていますが、その分価格も高くなっています。
1平米当たりの価格の相場は、4000~4500円で、30坪の住宅だと、塗料代も含めた全体の費用が、100万円を超えることがほとんどです。
塗り替えの回数は少ないですが、一回の塗装にかかる費用が高くなる点が、この塗料のデメリットです。
 

□まとめ

 

今回は「フッ素系塗料のメリットとデメリット」をご紹介しました。
長所は、長期間塗り替えをする必要がない点で、短所は価格が高いという点です。
この記事を参考にして、フッ素系塗料を使用するかどうかを検討してくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、座間市地域密着店で外壁塗装の専門店である当社までお気軽にご連絡ください。
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.