神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


外壁塗装のフッ素塗料の特徴を解説ー座間市地域密着専門店

「外壁塗装を考えているけど、塗料の種類が色々あってよくわからないよ!」

「フッ素系塗料ってあるけど、これにするべきなのかな?」

このように、外壁塗装の塗料についてお悩みの方はいらっしゃいませんか?
ここでは「フッ素系塗料の特徴」について解説します。
 

□フッ素系塗料の特徴

この塗料には、大きく分けて5つの特徴があります。
それではそれぞれ順にみていきましょう。
 

*耐久性

フッ素系塗料の耐用年数は、15~20年です。
ほかの塗料の耐用年数は、シリコン系が8~13年、ウレタン系が5~8年、アクリル系が5~6年です。
この塗料の大きな特徴は、耐用年数がとても長いことです。
 

*防水性

外壁からの水の侵入は、建物の構造躯体が浸水し、腐ってしまう原因になります。
そのため、塗料の防水性はとても重要で、特にフッ素系塗料は高性能の防水性を備えています。
 

*親水性

これは、水となじみやすい性質のことです。
外壁に汚れがついてしまっても、汚れと外壁の間に水が入り込んで、汚れが落としやすくなるという特徴があります。
低汚染性や耐汚染性とも言います。
 

*耐熱性

太陽光や紫外線などに強く、劣化が進みにくいという特徴があります。
シリコン系にも耐熱性がありますが、フッ素系塗料の方がより高性能です。
 

*防カビ性、防藻性

藻やカビは、外壁の見栄えを悪くする原因の一つです。
日当たりが悪い部分によく発生してしまうので、一日中日当たりが悪い場所がある場合には有用だと言えます。
 

□メリット、デメリット

*メリット

フッ素系塗料の一番大きなメリットは、耐用年数がとても長いという点です。
時間が経っても外壁の性能が落ちにくく、長期間、確実に建物を守ってくれます。
紫外線は塗料が劣化する大きな原因の一つなのですが、フッ素系塗料は紫外線に対する耐久力が強く、安心して長期間使用できます。
また、耐用年数が長いことで、メンテナンスの頻度も少なくなります。
例えば、シリコン系塗料の場合、30年で3回ほどのメンテナンスが必要ですが、フッ素系塗料なら30年に2回のメンテナンスで済みます。
メンテナンスには10日間ほどかかるので、回数が一度減るだけでも大きなメリットと言えるでしょう。
 

*デメリット

デメリットは費用がかかるという点です。
ほかの塗料と比べて、価格が高く、30坪の建物でも100万円を超えることもよくあります。
コストパフォーマンスの点で見れば、主流なシリコン系塗料が最も良いでしょう。
 

□まとめ

今回は「フッ素系塗料の特徴」について解説しました。
フッ素系塗料は耐用年数が長くメンテナンスの手間が少ない塗料です。
この記事を参考に、塗料を選んでくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、座間市地域密着の専門店として外壁塗装を行っている当社までお気軽にご連絡ください。
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.