神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【綾瀬市密着対応】外壁塗装の臭いについて詳細を解説

「外壁塗装を行なったけど、塗料の臭いがきつくてツライ!」

「工事が終わった後も塗料の臭いが何日間も続くのかな?」

 

このように、外壁塗装の臭いについて、疑問を持つ方は多くいらっしゃると思います。
外壁塗装に臭いは付き物ですが、できるだけ避けて、早めに快適に過ごせるようにしたいですよね。
そこで、今回は「外壁塗装の臭いは何日くらい続くのか」について解説します。
 

□なぜ臭いが発生するのか?

そもそも、外壁塗装の臭いの原因をご存知でしょうか?
臭いは、塗料に含まれるシンナーなどの有機化合物が揮発することで発生します。
塗料には水性塗料と油性塗料の二種類があり、有機溶剤は油性塗料に多く使用されています。
そのため、水性塗料よりも、油性塗料の方がきつい刺激臭がします。
しかし、水性塗料にはVOCと呼ばれる有機化合物が入っているので、油性塗料ほどの刺激臭はしませんが、無臭というわけではありません。
以上の理由から、全く臭いがない状態で、外壁塗装をすることはほぼ不可能です。
 

□何日ぐらい続くのか?

外壁塗装を行なった際、塗料の臭いは、塗料が完璧に乾くまで続きます。
通常であれば、2~3週間を目安に続くと考えていればいいでしょう。
夏は気温が高く、塗料が良く乾くので、晴れの日が続けば、一週間くらいで臭いがなくなります。
ただ、悪天候が続くと、一ヶ月以上かかることもあります。
 

□対処法は?

*工事前の対処法

工事をする前にできる対処法は、水性塗料を使用することです。
同じグレードの塗料であっても、水性か油性かの違いで、臭いの強さはずいぶん異なります。
赤ちゃんや高齢者がいる家庭では、油性の塗料を避け、水性塗料の使用をおすすめします。
また、臭いをやわらげる働きを持つラジカル塗料というものもあります。
呼吸器系に病気を抱えている方や、臭いがどうしても嫌な方は、水性のラジカル塗料を使用すると良いでしょう。
 

*工事中の対処法

工事中は、室内に塗料が入ることがないように、窓や雨戸を完全に閉めるので、換気を行うことができません。
そのため、工事中は家にいないという方法が、一番いい対処法です。
塗装作業は、最低でも三日はかかるので、できるだけ家から避難して、臭いを避けるようにするのが良いでしょう。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の臭いは何日くらい続くのか」について解説しました。
外壁塗装と臭いは、切っても切れない関係なので、この記事を参考にして、できるだけ臭いを避ける対処法を実行してみてください。
もし何かわからないことがありましたら、綾瀬市エリア地域密着店。
外壁塗装を行っております当社までお気軽にご連絡くださいね。
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.