神奈川の外壁塗装・雨漏り屋根工事ならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ガイソーウォール無機F


ガイソーウォール無機F
価格  耐久性 
ttl_paint10_01
ttl_paint10_02
img_paint10_01
ttl_paint10_03
ttl_paint10_04

ガイソーウォール無機Fは無機成分「オルガノポリシロキサン」とフッ素樹脂を融合させた最上級の無機・有機ハイブリッド塗料です。

紫外線や風雨など過酷な条件でも長期間建物を守り続けます。

 

img_paint10_02
 

ttl_paint10_05

親水性に優れたセラミック形成無機華橋剤を配合することにより、従来の塗料では実現できなかった超ハイレベルな耐汚染性を示します。
空気中の塵や埃、排気ガスなどによる雨筋汚れが少なく長期間きれいな外壁を維持します。
 
img_paint10_03
 
ttl_paint10_06
ガイソーウォール無機Fは主成分が無機成分のため有機量が少なく発熱量が小さい特徴があります。
不燃性塗膜のため燃えにくく、火災時の延焼防止の効果があります。
 
img_paint10_04
 
 
ttl_paint10_07
ガイソーウォール無機Fの主要成分が無機成分なので親水性塗膜を形成します。
親水性とは、水滴をはじく撥水性と逆の現象で、表面に水がなじみ、水滴にならずに水膜ができる現象です。
撥水性では発生する静電気により汚れを呼び寄せてしまいますが、親水性塗膜は汚れをセルフクリーニング効果により洗い流します。
 
img_paint10_05
 
ttl_paint10_08
無機成分は変化しにくく耐久性が高いですが硬質である難点があります。
無機・有機のハイブリッド化により、バランスのとれた強靭で柔軟な塗膜を形成します。
無機塗料でありながら住宅塗装に求められる下地の変化に追随する柔軟性があることが特徴です。
 
img_paint10_06
 

塗装グレード比較表

外壁塗装に使われる塗料はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、無機の5つのグレードに分かれます。
価格が高くなるほど、耐久性や機能性がアップします。
外壁塗装を考える際には、予算やご希望に応じて適切な塗料を選びましょう。
 
img_paint10_07
 
img_paint10_08
 

ガイソー独自の外装塗装プロセス

ttl_power_clean02
 

屋根塗装は下地処理が大切!

普通の水洗いによる洗浄は、表面上の汚れしか落ちません。
どんなに強い塗料を使用しても、下地が汚れていてはせっかくの性能を発揮することができません。
 

屋根の汚れの大半はしつこいカビやコケ

カビやコケなどの微生物は水洗いでは根っこまで除去できません。根っこを残し塗装すると再繁殖する可能性が高く塗膜剥離などの原因に繋がります。
 
 

おすすめ外壁リフォーム 早見表

 
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.