神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


横浜市泉区にお住まいの方必見!外壁塗装にオススメの時期について解説します!

「前回、外壁塗装をしてからだいぶ経つけど、どのくらいの時期に塗装を頼めばいいのかなあ」
「家を建てて十年くらいしたけど、そろそろ外壁塗装した方がいいのかな」
このように、どのタイミングで外壁塗装したらいいのかわからない方は多いのではないでしょうか。
今回は「外壁塗装にオススメの時期」をご紹介します。
 
 

外壁塗装をするべきタイミングっていつ?

外壁の塗装は、数年~数十年に一度塗り替える必要があるということをご存知でしょうか?
外壁の塗膜は徐々に劣化していき、塗り替えをしないと、建物が雨風や太陽光に晒され、ボロボロになってしまいます。
ここでは、外壁塗装をするタイミング(=時期)についてご紹介します。
 

塗料のグレードから判断する

塗料にはさまざまなグレードがあり、ひとつひとつ耐用年数は異なります。
例えば、現在一番多くの方に使われている外壁塗装用の塗料は、シリコン系と呼ばれるもので、耐用年数は10~15年と言われています。
この場合、外壁塗装は10年たった頃から検討し始めるのがよいでしょう。
また、グレードによる耐用年数の差は20年近くあります。
このように、新築時や前回の塗装の際に使用した塗料のグレードから判断することは、非常に重要です。
 

塗膜の劣化状況から判断する

通常、塗装業者の方にしっかりと診断してもらうことが一番です。
しかし、なかなか都合よく依頼できるタイミングが無い方向けに、ご自身で塗装の時期が判断できるような劣化の症状をご紹介します。
 

■チョーキング

外壁を手で軽く触れると白っぽい粉がつく現象です。
この白い粉は塗料の劣化が進み、塗料の中の白色の成分が分解されて出てきたものです。
指先に少し着くくらいならまだいいですが、手が真っ白になるようなら、そろそろ塗装する時期といえます。
 

■クラック

クラックとはひび割れのことです。
髪の毛ぐらいの細いひび割れだと、それほど問題にはなりませんが、それ以上の大きなひび割れだと雨漏りなどの原因になります。
塗装を検討してください。
 

■剥がれや膨れ

剥がれや膨れは、施工時の不具合が原因の場合もあります。
そうでない場合は、外壁塗装の効果(性能)が少なくなっていて、建物の防水性が機能していないことがほとんどです。
この場合は、急いで外壁塗装をすることをおすすめします。
 

■シーリングのひび割れ、剥がれ

シーリングとは、外壁材と外壁材の繋ぎ目や窓枠の繋ぎ目に使用されるコーキングと呼ばれるゴム状の素材のことです。
このシーリングがひび割れたり、剥がれたりしている場合、その隙間から雨水が侵入したり、白アリが侵入したりしてしまいます。
そのため、この場合も工事を検討するのが良いでしょう。
 

■変色、ツヤがなくなる、汚れ

一言でいうと、これらの場合はまだ塗装の必要はないでしょう。
しかし、劣化が進んでいるので、きちんと経過観察をしてひび割れなどを見つけたら、専門家に診断してもらうと良いでしょう。
また、汚れを放置すると、カビなどが生える原因になりやすいので、こまめに洗浄することが塗料の劣化を早めないことに繋がります。
 
 

◎ まとめ ◎

今回は「外壁塗装におすすめの時期」をご紹介しました。
この記事を参考にして、ベストな時期で外壁塗装を行ってください。
横浜市泉区で外壁塗装を検討されている方は、お気軽にマルセイテックまでご相談ください。
見積・点検は無料です!
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.