神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


外壁塗装の最適な塗り替え時期はいつ?~海老名市 地域密着塗装業者が解説します!

ご自宅の外壁塗装をお考えの方はいらっしゃいませんか?

「外壁を塗り替えるタイミングがわからない」
「外壁の色落ちやひび割れが気になる」
とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は塗装の最適な時期について解説します。
 
 
 

外壁塗装の必要性

そもそも外壁塗装はなぜ必要なのでしょうか。
外壁は雨風や日差し、気温の変化などの自然環境に常にさらされ、汚れや劣化による損傷を受ける場所です。
塗料には耐用年数があり、外壁塗装の塗り替えを怠ってしまうと、深刻なダメージを受けて、後々大掛かりなリフォームが必要となってしまう場合があります。
そのような事態に陥らないためにも、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。
 
 
 

塗り替え時期を知るポイント

一般的な外壁塗装用の塗料の耐用年数は10年前後です。
そのため、塗料の耐用年数に合わせて10年前後が塗り替えの目安とされています。
次に挙げる劣化症状も、外壁塗装の塗り替えを見分けるポイントとなります。
参考にしてください。
 

*ひび割れが発生している

ひび割れは紫外線・雨風による劣化や新築時のモルタル乾燥が十分に行われなかった場合に発生します。
ひび割れといっても、表層部のみのものから深部まで影響が出ているものまで様々です。
どのタイプのひび割れも後々大きくなって、いづれは雨漏りを引き起こす可能性も出てきます。
ひび割れが目立ち始めたら早めのメンテナンスが必要です。
 

*塗装が剥がれている

外壁塗装が剥がれている場合は、塗装の保護機能がすでに失われてしまっている状態です。
何も対策せず放置すると建物の劣化や雨漏りにつながってしまうので、早めに外壁塗装業者に相談しましょう。
 

*外壁を触ると白色の粉がつく

外壁に触れた際に、白いチョークの粉のようなものが指に付着することを「チョーキング現象」といいます。
「チョーキング現象」は外壁塗り替え時期のサインです。
塗料の耐久度がなくなり粉状になってしまっているので、紫外線や雨水を防げず、ひび割れなどの劣化を引き起こしやすい状態なのです。
 

*カビや藻が付着している

日が当たらない部分や湿気のこもる箇所にカビや藻が発生していると、外壁塗装の劣化が進行しやすくなります。
そのため高圧洗浄等で除去した後、防カビ材配合の塗料で塗装する必要があります。
 

*鉄の部分にさびが発生している

鉄製の手すりやひさしはさびに弱く、さびが発生している場合は塗装して保護する必要があります。
 
 
 

◎ まとめ ◎

外壁塗装の最適な塗り替え時期について解説しました。
海老名市にお住まいの方で、上記に挙げたような塗り替えサインがございましたら、当社までお気軽にご相談ください。
見積・点検は無料です。
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.