神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【外壁塗装】横浜市泉区対応リフォーム・外壁塗装の施工期間について

2階建ての戸建て住宅で外壁塗装をする場合、施工時間はどれくらいの時間が掛かるのでしょうか。

他にも、工事期間が長いのも嫌だけど、短すぎるのも何だか不安になるという方もいらしゃいます。

 

外壁塗装と言っても、実は塗装作業以外の工事も多く、施工期間がどのくらいになるのか分かりにくいですよね。

そこで今回は、外壁塗装の施工期間をご紹介します。
 
 
 

◎施工期間

一般的な外壁塗装の施工期間は、概ね10~14日間程度です。
雨や強風、曇天といった天候具合によって、当初の予定よりも塗料が乾くまで時間が掛かったなどの理由で、日数が掛かってしまう場合もよくあります。
そして外壁塗装の工事では、上記の期間の中で、大きく分けて8つの工程を行なっています。
それぞれ順にみていきましょう。
 

①工事前の準備(1日)

工事前の準備には、ご近所さんへの着工挨拶、自家用車の移動、置物や鉢植えの移動、プロパンガスの補充などがあります。
これら一つ一つはあまり時間がかかる準備ではありませんが、一度に行うと、1日ほどかかります。
 
 

②足場の組み立て(1日)

外壁塗装工事は高所での作業が多いので、しっかりした足場を組みます。
足場を組み立てる際はどうしても、「カンカン」という金属をたたく大きな騒音が出てしまいます。
きちんとご近所さんに挨拶をして、そのようなトラブルを未然に防いでおきましょう。
組み立てには半日~1日程度かかります。
 
 

③高圧洗浄(1~3日)

高い水圧で外壁の汚れやカビ・コケなどを除去します。
既存外壁を綺麗にしなければ、どんなに高価な塗料を使用しても意味がありません。
そして次の工程に移るためには、洗浄した後に乾燥させる必要があるので、少なくとも1日かかってしまいます。
汚れの程度がひどい場合は、洗浄が1日で終わらないこともります。
高圧洗浄をしている最中は、窓を開けたり洗濯物を外に干せなかったりと制限も出てきますので、しっかりと期間と時間を把握しておきましょう。
 
 

④下地処理(1日~)

この工程では、劣化が進んでいる部分の補修を行います。
程度の低い劣化の症状なら、1日ほどで補修作業は終わりますが、大きなひび割れなどの重大な劣化がある場合は、補修に数日間かかるケースもあります。
 

 

⑤養生(1日)

この工程は、塗料を塗らない部分をマスキングテープや、養生シートなどで覆い、他の場所に誤って塗料が着かないようにする作業です。
例えば窓周り、エアコン室外機、給湯器などがその
窓や手すり、置物など、様々なものに養生を行うので、この作業に1日を費やすことがあります。
 
 

⑥塗装(3日~)

ここまで紹介した作業工程を経て、ようやく塗料の登場です。
塗装は下塗り、中塗り、上塗りと呼ばれる、3度塗りで行います。
それぞれの塗料を塗った後、乾燥させ、その上から再び塗料を塗るので、どんなに天気が良くても最低でも3日は掛かります。
 
 

⑦点検、見直し(1日)

この工程では、塗り忘れや、塗りムラがないかを点検します。
小さな塗り残しもないように細かく点検を行うため、丸1日かかることが多いです。
 
 

⑧片付け、引き渡し(1日)

全ての作業が終わると足場を解体し、片付けをします。
足場の解体が終わり、引き渡しをすると、塗装工事は終了ということになります。
 
 
 

◎まとめ

今回は「外壁塗装の施工期間」をご紹介しました。
それぞれの工程にかかる時間を把握しておくことで、悪天候などで作業が延長した際も、大体の施工期間が判断できます。
この記事を参考に、施工期間に対する不安をなくしましょう。
もし何かわからないことがありましたら、横浜市泉区で外壁塗装を行っている当社までお気軽にご連絡ください。
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.