神奈川の外壁塗装・雨漏り屋根工事ならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【雨漏り】天井にシミが!これって雨漏り?原因は雨漏りだけではありません!

気が付いたら天井にシミが・・・。

 

天井にシミができたり、雨漏りをしていると、原因は屋根にあるのではと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、屋根ではない所に問題があって雨漏りを引き起こしているというケースも、実は多いのです。

すぐに屋根の修理業者に依頼するのではなく、まずはシミの状態や、天候の具合、配管の有無などを調べてください。

 

そして、そのシミは雨漏りが原因では無い場合もあります。

そういったケースもいくつか紹介します。

 

 

①屋根、外壁からの雨漏りの場合

まずは雨漏りだった場合です。

雨天時に天井にシミが現れ、広がったり濃くなったりしている場合には、雨漏りの可能性が高いです。

ですが、雨漏りの原因は屋根の不具合だけではなく、外壁、サッシ、エアコンの配管や換気口部分が原因となっている事もあります。

まず、その場所の屋根裏などを確かめてみましょう。

それでも雨漏りの原因が分からなかったという場合には、業者へ調査を依頼し、対策を施してください。

 

②配管からの水漏れ

天井にシミができている場合、シミのある所の上に水が通る配管がないかどうかをまず確認しましょう。

そして、天気の良い日にそのシミが大きくなっているのであれば、配管からの水漏れの可能性があると考えられます。

この場合は、早急に水回り専門の業者に調査、修理を依頼しましょう。

 

③害獣の糞や尿

 

天井のシミがまばらであったり、何か物音がするという場合は、ネズミなどの小動物が屋根裏に住み着いていて、糞尿の跡であるケースもあります。

そのままですと不衛生でシミも広がってしまうので、駆除と洗浄、クロスの張り替えなどを行う必要があります。

専門業者に連絡して処置を依頼しましょう。

 

④結露

結露は窓ガラス以外の場所でも起こります。

寒暖差などで起こる現象ですので、窓ガラス以外の場所でも発生します。

結露で発生した水滴が流れて、シミの原因になっているかもしれません。

また、結露を放置すると、結露の湿気がカビの発生を促して、そのカビをエサとしてダニが発生し、健康被害に繋がる可能性があります。

対策としては、防湿工事、換気工事、断熱工事が挙げられますが、素人には難しい工事です。

こちらもまずは専門の業者に調査してもらって、適切な対応を行ってください。

 

➄ラミネート天井の接着剤

天井板の種類で、ラミネート天井というものがあります。

これは、木材に木目調のプリントが施してある化粧合板の一種で、本物の木材よりコストが安く済む為、和室の天井などによく使われています。

接着剤がどのように??と謎に思いますよね。

実は、経年劣化で接着剤が表面に浮かび上がってきて、それが雨漏りのように見えてしまうのです。

シミが直線状になるため、普通のシミとは区別がつきやすいですが、直線状だからといって絶対に雨漏りしていないとは言い切れないため、きちんと業者に見てもらいましょう。

 

 

このように、天井のシミ、水滴が必ずしも「雨漏り」とはいえない事もあります。

「天井にシミ」→「屋根が原因」→「屋根修理業者に依頼」という考えは一旦置いといて、

まず、屋根裏などをご自身で確かめてみて、それでも原因が分からなかった場合は業者へ調査を依頼しましょう。

 

 

それでは、もし雨漏りだった場合、その雨漏りを放置してしまうとどのような危険性があるのでしょうか。

「シミだけだし、まだ水が垂れてきてはいないから大丈夫!」なんて思っていると、後々大変な事になってしまいます。

 

 

天井の雨漏りを放置すると・・・

■天井が崩れ落ちる可能性がある

実は天井という物はしっかりと固定されているわけではありません。

そのため、水分を含むことによって天井が重くなると、天井が崩れ落ちてしまう危険性があります。

天井のクロスが剥がれたり、黒いシミ、カビの発生、天井の一部が膨らんでいる・・などの兆候がみられるようでしたら要注意です。

 

■電気設備不具合

ほとんどの家が天井から電灯がぶら下がっていると思います。

ですので、天井内部には電気配線が通っていることもあります。

このような場所は、雨漏りが原因で漏電を起こしてしまう危険性があり、ブレーカーが作動しなければ、最悪発火して火事の原因になることもあります。

 

■健康被害

水滴にカビが発生し、そこからダニが発生する可能性があります。

これらが原因でシックハウス症候群やアレルギーなどを発症してしまう事も・・・。

快適に家の中で過ごすために、早めの対応が肝心です。

 

■シロアリ

シロアリは腐った木材が大好きです。

水分を含んだ木材が腐食すれば、あっという間にシロアリの餌食になってしまうことも考えられます。

シロアリ被害が深刻な場合は、建て替えも視野に入れなければならないかもしれません。

 

■修理の費用が高額になる

天井のシミを放置しておくと、症状はどんどん進行していきます。

防水シートの取付など、補修だけで済んだはずの修理が、症状の悪化に伴って修理範囲が広がり、費用がどんどん高くなってしまいます。

これは避けたいですね!

 

 

 

◎ まとめ ◎

雨漏り、それ以外の原因でも、「シミだけだし・・・」と放置しておくと、建材の劣化を進行させてしまい、後々の様々なリスクが想定されます。

ちょっとしたシミだからと甘く見てはいけません。

大事な住居です。

ずっと快適に暮らすためにも、気が付いたら早急に点検をして、業者に相談をしてください。

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.