神奈川の外壁塗装・雨漏り屋根工事ならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【パミール】ニチハのパミール屋根のリフォーム方法は?塗装はできない?

ニチハの屋根材「パミール」をご存知でしょうか?

数年前、一気に世間に広まった「パミール問題」、聞き覚えがありませんか?

 

このパミールというものは、住宅建材メーカーの「ニチハ株式会社」が1996年〜2008年の間に、販売していた屋根材になります。

実はこのパミール、以前多くのハウスメーカーなどでも使用されていて、家庭でもよく活用されていました。

しかし、問題やトラブルが続出したことで、現在は製造・販売が停止となっています。

今回はそのパミール屋根について解説していきます。

 

 

 

パミール問題

テレビなどで問題が提起された時に、不具合事例として紹介されたのは、パミール屋根の剥がれ具合の酷さでした。

実際に、公になる前からこのような事例は多発しており、築10年程の住宅でもパミールで施工された屋根は、全体的に剥がれや欠損などが目立っていました。

また、屋根材だけでなく、釘頭の腐食なども多数報告されています。

釘頭が腐食することで、屋根がズレたり落下したりといった事が発生します。

屋根の落下については、場合によっては大きな事故を招く可能性もありますのでとても危険です。

 

屋根材がパミールだった場合、今は大丈夫でも将来必ず何かしらの問題が起きます。

屋根の落下や剥がれなどの酷い状態になる前に、一度業者へ相談してください。

 

 

 

パミール屋根の表面の剥がれ

先にも記述しましたが、パミール屋根の不具合で代表的なのは屋根の表面の剥がれです。

スレート瓦と呼ばれる屋根材の表面部分がしっかりとした造りになっていないので、経年劣化によりぺリぺリとめくれ上がってきます。

雨風のによりそれらが更に悪化し、雨漏りや建物内に水分を吸収してしまうようになり、家の内部までも傷めてしまうのです。

大事なご自宅にパミールを使用されている場合には、屋根リフォームの対処が必要です。

 

 

 

パミール屋根の見分け方

パミールの屋根かどうかを見分ける方法はあるのでしょうか?

プロが見ればすぐにわかる事ですが、何も知識がない素人が見ても中々難しいのが現状です。

まず、屋根に剥がれなどの状態が見られた時には疑ったほうがよさそうです。

そして、実際にパミールが使われているのかどうかを確認する手段として、以下の方法があります。

 

・リフォーム及び、建築時の設計図の確認

・建築を担当した会社への連絡

 

上記の方法が今すぐにできる方法として挙げられますが、それが出来ない場合は実際にプロに頼んで調査してもらいましょう。

プロにお願いすればパミールが使われているかどうかはすぐにわかります。

 

 

 

パミール屋根のリフォームについて

では、あなたのお家の屋根がパミールだった場合、どうしたらよいのでしょうか!?

業者に調査を頼んでいる場合は、カバー工法か葺き替え工事を勧められます。

 

パミールが使用されていると、塗装工事は意味がありませんので基本的には行いません。

なぜなら、屋根材が層状に剥離しているため(ミルフィーユ状)、塗装しても直ぐに剥がれてしまいます。

また、塗装する前にコケやカビ、汚れなどを除去するための高圧洗浄時に、高圧洗浄によって脆くなった症状をさらに悪化させてしまうからです。

 

では、カバー工法か葺き替え工事、どちらの工事が良いのでしょうか?

金額的には、カバー工法のほうが安いので、予算が少ない方はこちらに行きがちですが、

今後のことを考えると、圧倒的に「葺き替え工事」の方がおすすめです。

 

カバー工法とは、古い屋根材の上に新しい屋根を被せる工事方法です。

カバー工法でも、下地を徹底的に整えてから施工をすることが可能ではありますが、とは言っても古い屋根材が残ってはしまう訳です。

古い屋根材を残したまま工事してしまうと、この結露により新しい屋根を固定するために打たれた釘やネジまで腐らせてしまう可能性があります。

また、新しい屋根材を止めるために、釘やネジを打ち込むとパミールが割れてバラバラになってしまいます。

古い屋根材を残したことで得られる断熱性や防音性も期待できず、屋根が重くなるだけで、あまりメリットを感じられません。

ですので、パミール屋根のリフォーム方法としては葺き替えが適切です。

パミールが屋根に使用されていると判明した場合には、金額だけでない改善方法を一度検討してください。

 

 

 

パミール屋根の保証ってあるの?

パミール屋根のメーカー「ニチハ」はこのような状況を受け、謝罪文とリコールを発表しています。

内容は、パミールの屋根材の施工時に無償配布していた釘に問題が有り、それに対するリコールです。

屋根材の葺き替え工事の全額負担などではないので、屋根材がめくれ上がってしまっている方は、釘の交換だけの対処では納得できませんよね。

 

「それだけではメーカーの対処が不十分では?」と思われるかもしれませんが、このようなパミールの症状が発生するのは築10年~20年前後のお宅がメインです。

逆に言うと、10年以上は問題なく屋根材として機能していたと言えてしまいます。

しっかり使えていた期間が有るのですから、メーカーに全額負担させるのもちょっと難しい問題なのでしょう。

よって、保証して貰えることはないようです。

 

 

 

悪徳業者に注意!

パミール問題が公になってから「あなたの家の屋根はパミールが使われています。早くリフォームしないと大変な事になります!」というような内容で、お客様に施工をすすめる悪徳業者が存在しています。

このような内容の用紙がポストなどに入っていたら要注意です!!

実際には屋根にパミールは使われていないのに、今すぐに対処しないと大変なことになると言ってお客様を煽っています。

ここで騙されてしまう方も多く、ご老人なんかはターゲットにされやすいです。

さらに、こういった悪徳業者は、施工方法にも問題があり、大概カバー工法を勧めてきます。

何の知識もなく、カバー工法を勧めていくる業者は特に注意が必要です。

 

 

 

 

◎ まとめ ◎

■パミールの寿命は一般的なスレート屋根の半分以下で築十数年でボロボロになり、屋根材としての機能を失います。

■パミール屋根のリフォームは塗装は不可能で、塗り替えをしても剥離は止まりませんので、無駄になります。

■パミールの現実的なメンテナンスは屋根葺き替えか屋根カバー工法ですが、葺き替えをお勧めします。

  屋根材がパミールという方は、雨漏りなどが発生する前に屋根リフォームをしましょう。

■ご自宅の屋根がパミールかもしれないという方は図面や仕上げ表、仕様書などでご確認ください。

また、専門業者へ点検依頼も検討しましょう

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.