神奈川の外壁塗装・雨漏り屋根工事ならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【外壁塗装】外壁塗装中の換気について~塗料の臭い、身体への影響は?!~

外壁塗装を検討しているとき、そういえばその期間って換気ってできるのか?と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的に工事期間中は「換気はできない」とされています。

しかし暑い時期や掃除のときなど、部屋の換気ができなければ日常生活に支障をきたすこともあり得ますよね。

 

結論から言うと、外壁塗装中でも換気を行う方法やタイミング次第で換気を行う事はできます。

・・・ですが、換気の方法、対策に関しては次回のブログで解説します。

 

その前に!

今回は、どうして外壁塗装中に換気ができないのか?

塗料の悪臭は身体に影響ないのか?赤ちゃんやペットは大丈夫?

こういった不安要素について解説していきます。

 

 

なぜ外壁塗装中に換気ができないのか

外壁塗装の工事中、どうして窓を開けられないのでしょう?

その理由は主に養生シートで窓をふさがれてしまうことと、様々な工程で水や埃が室内に入るのを防ぐためです。

 

①養生シートで窓を塞がれる

外壁塗装工事は建物の周りに足場を建てて、塗料が周囲に飛ばないようにするため養生シートを設置します。

窓ガラスやサッシの枠、給湯器、エアコンの室外機、ドア、ベランダなど、塗装がかかってはいけない部分をビニールシートやマスキングテープで隙間がないようにしっかりと覆います。

この養生シートを設置したあとに、外壁を高圧洗浄および下地処理し、塗装に移ります。

 

外壁工事中はこの養生をそのままにしなければいけません。

そのため、ビニールシートでふさがれた窓は開けることができなくなってしまう・・・というわけです。

 

 

②下地処理で水や埃の侵入を防ぐ

塗料を塗る前の下地処理でも窓を開けられない理由があります。

それは上記でも記述しましたが、高圧洗浄と補修工事による水や埃の侵入を防ぐためです。

高圧洗浄は外壁を洗う作業ですが、この際に洗浄の水がかなりの確率で飛び散ります。

このときに窓が開いていると室内に水が入り込む可能性があり、作業中は窓を閉め切っていなければなりません。

また、劣化症状対応での部分補修工事や、サビなどの汚れを除去したりする作業を行う場合でも同様です。

 

 

 

身体への影響

油性塗料の場合は塗装時にシンナー臭を発っするので、身体への影響を心配される方もいます。

 

シンナーの主な症状とは(国立医薬品食品衛生研究所による)

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 食欲減退
  • 錯乱
  • めまい
  • 嗜眠
  • 意識喪失
  • 皮膚の乾燥
  • 目の充血、痛み

 

現在の塗料はかなり改良が進んでいて、シックハウス症候群の原因にもなる物質VOC(揮発性有機化合物)の放散量が少ないものが多いです。

そして、発がん性物質とも言われているホルムアルデヒドの放散が少ない塗料を使用することが殆どです。

 

とはいえ、身体への影響を考えると心配ですよね。

特に妊娠中の方や赤ちゃん、ペットを気遣う人もいらっしゃると思います。

それでここからは、それぞれの影響について解説していきます。

 

 

妊娠中・赤ちゃんへの影響

シンナーは妊娠中の方にも赤ちゃんにも、もちろん有害といえます。

確かにシンナーを常用すれば頭痛、吐き気など上記症状が起きる可能性がありますが、外壁塗装はそもそも約2週間ほどの作業です。

そしてこの間に塗装の匂いが発生するのは5~7日程度になります。(塗料や塗り回数によって変わります)

現在の塗料は刺激の少ないものが主流になってきているので、外壁塗装の際の臭いに関して、身体への影響度は特に気にするレベルではないといえます。

赤ちゃんに関しても過敏に気にする必要はありません。

 

 

ペットへの影響

外壁塗装中はペットを知人やペットホテルに預けることをおすすめします。

犬や猫などのペットは、嗅覚は人間よりも優れていて、刺激臭に関しては人間の1億倍の嗅覚があるとも言われています。

人でさえ不快に感じる外壁塗装ですので、ペットにも相当なストレスがかかっているはずです。

 

また、ペットは環境の変化に敏感です。

ペットが塗料に接触したり、作業員が出入りしたりするだけでも、体調不良やトラブルに繋がりやすいです。

近くにペットホテルや知人がいない方は、ペットを室内に避難させたり、塗料が乾燥するまでは施工場所から遠ざけたりするなどの対策をとるように心掛けましょう。

 

 

 

塗料によって臭いが残る期間が違います

塗料の臭いは塗料が固まれば消えます。

乾燥の仕方や塗料ごとに違うので、早いものだと3時間程度、遅いものだと24時間程かかる塗料もあります。

また、臭いの元である塗料が乾燥しても、シンナーなどの臭いは衣類や家具などに付着していて、数日は感じるかもしれません。

でも、必ず消えますのでご安心ください。

 

 

 

◎まとめ◎

今回は外壁塗装中、なぜ換気ができないのか、塗料の悪臭から身体への影響などについて解説しました。

現在一般的に市販されている塗料は油性であろうと水性であろうと、それほど身体への影響度は低いものが採用されています。

妊婦さんや赤ちゃんには影響ないので、そこを心配されいていた方は安心ですね。

次回は換気の方法、換気以外の対策について解説します!

 

【外壁塗装】外壁塗装中は換気が出来ない?!換気方法、対策について教えます!!はこちら

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.