神奈川県の外壁屋根リフォーム専門店

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-554-913 【受付】9:00~18:00 【定休】水曜日・隔週火曜日

ブログ


【外壁塗装】ローラー塗装と吹き付け塗装を比較!どちらが良いのか徹底解説

外壁塗装は家の見た目を左右する大事な要素であるとともに、雨風から外壁を守る重要な役割を果たしています。

外壁の塗装方法には、職人がローラーと刷毛で手塗りを行う「ローラー塗装」と、スプレーガンという機械を使って広範囲を短時間で塗装する「吹き付け塗装」があります。

どちらの塗装方法にも長所と短所があり、外壁リフォームの目的や予算を検討してベストな選択を行うことが重要です。

 

今回はローラー塗装と吹き付け塗装のそれぞれの特徴について、比較しながら解説していきます。

まずはローラー塗装、吹き付け塗装についての簡単な解説です。

 

 

ローラー塗装

ローラー塗装とは、専用のローラーを使って塗料を手塗りする工法で、現在の外壁塗装のほとんどはローラー塗装が採用されています。

塗装に使われるローラーは使用する塗料の種類や塗る場所に応じて、羊毛ローラーと砂骨ローラーとが使い分けられます。

 

メリット

・塗料の飛散が少ないから無駄も少ない

・塗料の飛散が少ないから養生の手間も少ない

・塗りが均等で、ムラが発生しづらい

・デコボコの面にも毛足の長いローラーで対応可能

・高い場所の塗装が安全

・塗料の付着が強い

・厚く塗れる

 

デメリット

・仕上がり方がどれも同じようで個性がない

・吹き付け塗装より塗装の時間がかかる

・雨戸などの複雑な形のものの塗装に向かない

・職人が下手だったり、安いローラーを使うとローラーの毛が外壁についたままに・・

 

ローラー塗装についてのより詳しい解説はこちら↓

【外壁塗装】ローラー塗装の工法とは?メリット・デメリットについて徹底解説!

 

 

 

吹き付け塗装

吹き付け塗装とは、外壁塗装工事の仕上げにスプレーガンという道具を使って塗料を吹き付ける工法で、主にモルタル外壁の仕上げに行われます。

吹き付け工法の最大の特徴は仕上がりの独特な模様や重厚感です。

また、スプレーガンで広範囲に塗装できるため、施工時間が短縮できてコストも抑えられます

 

メリット

・仕上げの模様が豊富

・塗装時間が早い

・工場や倉庫のような塗装面が広い場合の塗装に向いている

・費用をおさえることができる

 

デメリット

・塗料を大量に使う

・養生に時間がかかる

・騒音がする

・技術が必要

 

吹き付け塗装についてのより詳しい解説はこちら↓

【外壁塗装】吹き付け塗装の工法とは?メリット・デメリットについて徹底解説!

 

 

 

それぞれの塗装に適した状況とは?

ローラー塗装にするか、吹き付け塗装にするかの判断は、塗装する建材の種類、仕上げ方法、現場や周囲の状況によって左右されます。

 

ローラー塗装は、しっかりと塗装をぬり直したい場合にお勧めです。

また、周囲に飛沫(ひまつ)が飛び散ったら困る場所や、狭い場所を塗るのにも適しています。

外壁塗装では、安全面と近隣への配慮が重要ですから、飛散の多い、吹き付け塗装をする機会は少なくなってきており、現在はローラー塗装が主流です。

しかし、職人の技術によって仕上がりに差が出やすいですので、ローラー塗装を依頼する際は実績がある業者に依頼しましょう。

 

アルミ製の雨戸やドアなどを塗装する場合は、ローラーや刷毛を使うと塗装時の筋が残りやすいため、吹き付け塗装で施工します。

また、吹き付け塗装は工事を早く効率的に行いたい場合や、仕上がりの美しさにこだわりたい場合、吹き付けを使わないと実現できない仕上げの場合(模様など)は吹き付け塗装で行います。

ただし、住宅が密集しているエリアや、スプレーガンを外壁から離して塗装できないような狭い場所では、吹き付け塗装ができないこともあります。

 

外壁塗装の職人は、これまでの経験をもとに「吹き付け塗装が可能」や「吹き付け塗装は適さない」と判断するので、吹き付け塗装に関しての可否は職人さんにお任せしたほうが良いかもしれません。

 

 

 

ローラー塗装と吹き付け塗装の比較

 

それぞれの工法に関するさまざまな観点からメリット・デメリットで比較してみました。

 

 

ローラー塗装

吹き付け塗装

使用する道具

ローラー

スプレーガン

塗布時の飛散

殆ど無い。少ない。

接近している住宅地や、細かい箇所に向いている。

多い

(特にエアスプレーガン使用時)

養生の手間が増える。

近隣への配慮も必要。

施工に必要な時間

吹き付け塗装に比べると長い

短い

仕上がり

表面的な仕上がり。

仕上がりが画一的で個性が無い

凹凸のある立体感で多彩な仕上がり。

独特な重厚感。

厚塗り

可能(塗料による)

可能(塗料による)

凹凸な壁の対応

毛足の長いローラーで塗る場合、凹凸部に塗料が溜まってしまう事があるため、綺麗に仕上げるためには刷毛との併用が望ましい。

もともと凸凹している外壁にはムラが出ることがある

(職人の腕による)

 

 

塗装の耐久性は使用する塗料によって変わります。

ローラー塗装も吹き付け塗装も、施工手順がしっかりと守られた上で塗装がされているのであれば、工法の違いによって耐久性が変わることはありません。

 

 

 

◎ まとめ ◎

ローラー塗装、吹き付け塗装ともに、施工する場所や環境によって向いているタイプ、向かないタイプがあります。

現在はローラー塗装が主流となっていますが、状況に応じて吹き付け塗装が選択されるケースもあります。

 

塗装方法を検討する際には、「短時間で施工したい」「美しい仕上がりを目指したい」など、目的を明確化しましょう。

プロの塗装業者が現地調査をすることで、最適な塗装方法や工事費用の見積りがわかります。

複数の業者に見積もりを依頼して比較検討することをオススメします。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      求人情報      Copyright (C) 2019 株式会社マルセイテック. All rights Reserved.